Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
短報
在宅緩和ケアを担う診療所として在宅特化型診療所とドクターネットは相互に排他的か?
森田 達也野末 よし子宮下 光令小野 宏志藤島 百合子白髭 豊川越 正平
著者情報
ジャーナル フリー

7 巻 (2012) 1 号 p. 317-322

詳細
PDFをダウンロード (1026K) 発行機関連絡先
抄録

本研究の目的は, 在宅特化型診療所とドクターネットの両方が存在する1都市におけるがん患者の自宅死亡率の推移を明らかにすることを通じて, 在宅特化型診療所とドクターネットの地域緩和ケアにおける役割についての洞察を得ることである. 緩和ケアの地域介入研究が行われた1地域でがん患者の自宅死亡率を2007年から2010年まで取得した. 自宅死亡率は, 2007年の7.0%から2010年には13.0%に増加した. 自宅死亡総数に占める在宅特化型診療所の患者の割合は49%から70%に増加したが, 在宅特化型診療所以外の診療所が診療したがん患者の自宅死亡数も63名から77名と減少しなかった. 在宅特化型診療所と一般の診療所のドクターネットは排他的に機能するものではなく, 両方のシステムが地域に存在することにより自宅で過ごすがん患者の緩和ケアの向上に寄与する可能性が示唆された.

著者関連情報
© 2012 日本緩和医療学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top