Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
総説
がん患者の家族に対する痛みのマネジメント教育の必要性―文献レビューを通して
廣岡 佳代梅田 恵林 ゑり子射場 典子坂元 敦子
著者情報
ジャーナル フリー

7 巻 (2012) 1 号 p. 701-706

詳細
PDFをダウンロード (406K) 発行機関連絡先
抄録

がん患者のquality of lifeを維持・向上していくには, 症状に応じた適切な鎮痛剤の選択や使用だけでなく, 患者・家族への教育も必要となる. 本稿の目的は, 文献レビューを通じて痛みに関する家族教育の必要性を明らかにし, 示唆を得ることである. 医学文献データベースを用いて文献を検索し, 文献レビューを行った. その結果, 「患者と家族の痛みの認識の相違」「家族が捉える痛み」「痛みのマネジメントに関する家族の懸念」「痛みのマネジメントにおける家族の役割」「痛みのマネジメントに関する有用な資源」「家族への痛みに関する教育プログラム」に大別された. 今後は文献レビューの結果をふまえ, 家族を対象にした痛みの教育プログラムの開発などが求められる.

著者関連情報
© 2012 日本緩和医療学会
前の記事

閲覧履歴
feedback
Top