J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

Palliative Care Research
Vol. 7 (2012) No. 2 p. 562-567

記事言語:

http://doi.org/10.2512/jspm.7.562

症例報告

症例報告】75歳, 男性. S状結腸がん同時肝多発転移にてS状結腸切除術および術後化学療法を施行したが, 次第に病状は進行しbest supportive care (BSC)へ移行した. 壮年時より軽度の内痔核を有したが, がんの悪化に伴う諸条件のため, 内痔核は脱出と疼痛を伴う状態に悪化し, 患者のquality of life (QOL)は著しく低下した. 今回, BSCの一環として通常の手術治療より患者に負担が少ないと考えられるALTA療法を施行し, 良好な結果を得た. 【結論】終末期がん患者の内痔核治療法としてALTA療法は活用できる方法であると考え, これを報告する.

Copyright © 2012 日本緩和医療学会

記事ツール

この記事を共有