J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

Palliative Care Research
Vol. 8 (2013) No. 1 p. 142-157

記事言語:

http://doi.org/10.2512/jspm.8.142

原著

【目的】岡山県民の緩和ケアに対する理解度およびその経年変化を知り, 今後の野の花プロジェクトによる緩和ケア普及活動の参考とすることを目的とした. 【対象と方法】岡山県在住で20歳以上の一般県民600人を対象とした電話アンケート調査を2009年度と2010年度に行い, 比較検討した. 【結果】「緩和ケアという言葉を聞いたことがある」人は2009年37.3%, 2010年36.5%と不変であったが, 本人・家族ががんに罹患している場合は41.6%, 43.2%と軽度増加していた. 「緩和ケアについて聞きたい」との回答は2009年87.9%, 2010年86.3%で引き続き関心は高かった. 【考察】2009年度と2010年度を比較し, 岡山県民の緩和ケアへの認知度に著しい変化はみられなかった. しかしながら, 緩和ケアへの関心は高く, 今後も地道に普及活動を継続し, 緩和ケアの認知度を高めていくことが必要と考えられた.

Copyright © 2013 日本緩和医療学会

記事ツール

この記事を共有