J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

Palliative Care Research
Vol. 8 (2013) No. 1 p. 529-533

記事言語:

http://doi.org/10.2512/jspm.8.529

症例報告

【目的】減圧目的の胃瘻からのバルプロ酸ナトリウム投与により有効な血中濃度が得られ, せん妄と薬剤性錐体外路症状緩和に有用であった症例を経験したので報告する. 【症例】70歳代, 男性. 膀胱がん. がん性腹膜炎による麻痺性腸閉塞のため, 減圧目的の胃瘻が造設されていた. せん妄を発症しハロペリドール持続注射を行ったが, 薬剤性錐体外路症状とみられる振戦により継続困難であった. そのため, 減圧目的の胃瘻からバルプロ酸ナトリウムを投与すると, 十分な血中濃度上昇を認め, 臨床的にも易怒性軽減を認めた. クエチアピンフマル酸塩も併用し, 最終的にハロペリドールは中止可能となり, 振戦も改善した. 【結論】内服が困難な場合, 薬剤が限られ, 症状緩和に難渋することが多い. 本症例から, 他の経路からの薬剤投与が困難な場合に限り, 難治性せん妄に対する減圧目的の胃瘻からのバルプロ酸ナトリウム投与が効果的である可能性が示唆された.

Copyright © 2013 日本緩和医療学会

記事ツール

この記事を共有