J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

Palliative Care Research
Vol. 8 (2013) No. 2 p. 701-720

記事言語:

http://doi.org/10.2512/jspm.8.701

総説

【目的】上部消化管術後障害に伴うがん患者の症状・徴候とその変化を系統的に収集・統合する. 【方法】PubMedおよび医学中央雑誌で, キーワードを"gastric cancer" "esopha∗ cancer" "surgery" "symptom" および「胃がん」「食道がん」「手術」「徴候 or 症状」として検索した. その結果, 37件の論文が採択され, 徴候と症状ごとに抽出したデータを評価・考察した. 【結果・考察】消化器症状に関する標準化尺度には, 嚥下・通過障害, 逆流などの評価が含まれた. 症状の頻度や回復経過の推移は, 多様であることが報告されていた. しかし, 症状・徴候の経過は個別性が高いため, 症状・徴候に合わせて患者が適切に保健行動をとれるよう, 医療者が継続的・体系的に患者を支援する重要性が示唆された.

Copyright © 2013 日本緩和医療学会

記事ツール

この記事を共有