社会学評論
Online ISSN : 1884-2755
Print ISSN : 0021-5414
ISSN-L : 0021-5414
学校教育の諸条件と青少年の社会的態度形成
吉川 徹
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 46 巻 4 号 p. 428-442

詳細
抄録

この研究は, 青少年期における社会的態度形成の過程を計量的に検討するものである。これは従来から蓄積されてきた階層意識の研究の所産に, 社会的地位達成過程のモデルを糸口として, 世代間関係と, 学校教育による態度形成という知見を付加するものと位置付けられる。具体的には1992年に中学生・高校生を対象として実施した調査のデータを計量的に分析し, 出身階層の要因, 両親の社会的態度, 学校教育の諸条件などの関連構造と, これらの態度形成効果の大きさを解明している。その結果, 第一に家庭の階層的要因の効果が必ずしも従来の議論に符合するほど強力ではないこと, 第二に社会的態度の形成要因として学校教育の諸条件が複雑だが一定の有効性をもっていることが確認された。

著者関連情報
© 日本社会学会
前の記事 次の記事
feedback
Top