日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌
Online ISSN : 2189-4760
Print ISSN : 1881-7319
ISSN-L : 1881-7319
原著
重症間質性肺疾患患者に対する呼吸リハビリテーションの効果
─健康関連QOL(SGRQ,SF-36)に関する検討─
野崎 博美小野 清子大我 仁美北川 知佳宮本 直美井口 明香城石 涼太河辺千鶴子力富 直人
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2010 年 20 巻 2 号 p. 170-174

詳細
抄録

呼吸リハビリテーション(以下,呼吸リハ)目的で入院した比較的重症の間質性肺疾患患者12名を対象に,呼吸リハの効果を肺機能,運動能力,ADLだけでなく,SF-36とSGRQを用い,心理的側面からも検討した.その結果,ADLは改善(p<0.05),SF-36は部分的に改善がみられ,SGRQの合計は改善が認められなかった.今後,重症間質性肺疾患患者に対する呼吸リハの方法およびQOL評価の検討が必要と考えられた.

著者関連情報
© 2010 一般社団法人日本呼吸ケア・リハビリテーション学会
前の記事
feedback
Top