日本デザイン学会研究発表大会概要集
日本デザイン学会 第65回春季研究発表大会
セッションID: PA-03
会議情報

eラーニングムービーにおけるアニメーション効果の検証
文字・図の提示時のスムーズな動きの方向
*王 宛奕田中 佐代子
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

国内の多くの高等教育機関にeラーニングシステムが導入されている。学習者の理解を促進するためには、eラーニングシステムにおける情報の提示方法を検討する必要がある。本研究の目的はeラーニングムービーにおける効果的な動きの方向を明らかにする。我々は異なる4方向のアニメーションを用いて印象評価実験を実施した。その結果、多くの被験者は左から右方向を好んだ。また男性は動きの方向の変化を好み、女性は一貫した動きの方向を好んだ。

著者関連情報
© 2018 日本デザイン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top