日本デザイン学会研究発表大会概要集
日本デザイン学会 第65回春季研究発表大会
セッションID: A1-03
会議情報

近赤外線分光法を用いた光色と脳活動の関係性に関する基礎研究
*李 天宇加藤 健郎下村 将基芳村 貴正
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

本研究では,光色(赤,青,緑,白)と,光を注視した時の脳活動の関係性を明らかにすることを目的とする.光色がヒトに与える影響を適切に評価するために,本研究ではNIRS(near-infrared spectroscopy)を用いて脳活動を計測すると同時に,官能評価を実施した.その結果,前頭前野の脳活動を計測することにより,光色の嗜好の度合いと覚醒度合いを客観的に評価できる可能性を示唆した.

著者関連情報
© 2018 日本デザイン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top