日本デザイン学会研究発表大会概要集
日本デザイン学会 第66回春季研究発表大会
セッションID: A6-01
会議情報

構造の工学的原理を学ぶ場の実践例に関する考察
*岩崎 敏之稲山 正弘小野 泰中里 想
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

建築構造デザインの捉え方を示す図として、荷重と力学の関係性を「体」、材料−構法の関係性を「相」、建築そのものを「用」とし、それら3つのレベルの関係性を表した体・相・用−建築構造デザインモデルを提示している。筆者らは20年間に渡って実施された木造耐力壁ジャパンカップというイベントの運営に関わってきた。本稿では、このイベントが体・相・用−建築構造デザインモデルに示される構造の工学的原理を学ぶ機会を提供できていたことについて参加者へのアンケート調査の結果などを元に考察して示す。

著者関連情報
© 2019 日本デザイン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top