日本デザイン学会研究発表大会概要集
日本デザイン学会 第66回春季研究発表大会
セッションID: A6-02
会議情報

組子建具の3次元CG製作と建具業界への普及
*楠本 幸裕刈谷 臣吾隈本 あゆみ
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

「組子」とは、釘を使わずに木と木を組合せて様々な幾何学模様を表現する手法であり、その組子による装飾を施された建具を「組子建具」と呼ぶ。現在、建具業界では組子建具の受注獲得に苦慮している。組子の魅力は陰影や立体感であり、その魅力を伝える手段が無いことが原因である。本研究では、組子建具の魅力を伝えるツールとして3次元CGを提案、さらに容易に3次元CGを製作可能なシステムを構築し、それを建具業界へ普及させる。

著者関連情報
© 2019 日本デザイン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top