日本デザイン学会研究発表大会概要集
日本デザイン学会 第66回春季研究発表大会
セッションID: A2-05
会議情報

知的障がい児に対するアプリケーションを用いた歯磨き指導の効果
*小枝 洋平前田 亜里沙阿保 英人増田 貴人工藤 芳彰
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

本研究では,軽度から中度の知的障害のある中学部生徒9名を被験者として,歯磨き支援アプリケーション『いっしょにはみがき』がもたらす磨き残しの改善効果検証を行った。アプリケーション使用期間,不使用期間,再使用期間,再不使用期間(各2週間ずつ)と繰り返し,無作為に抽出した日に歯垢染色を実施,染色面積ポイントを記録した。染色面積ポイント平均値を使用期間と不使用期間で比較したところ,平均値の減少が見られ,磨き残しを改善する効果が確認できた。それぞれの検証期間において対応のあるt検定を実施したところ,統計的有意であることも確認できた。また,各歯における染色面積ポイントの平均値を比較することで,歯磨き指導とアプリケーションの改善点を検討した。

著者関連情報
© 2019 日本デザイン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top