日本デザイン学会研究発表大会概要集
日本デザイン学会 第67回春季研究発表大会
セッションID: Y-02
会議情報

ICTを活用した文化交流型遠隔共同デザイン教育の検討
*伊藤 慎一郎稲村 徳州張 彦芳
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

近年、デザイン教育の国際化の進展とICT技術の発達により、国を越えた大学間で連携したデザイン教育の可能性が高まっている。本論では、世界5カ国で共同実施した持続可能な開発目標(SDGs)をテーマとする2週間の遠隔国際デザインワークショップを事例として報告し、考察を通じて文化交流型遠隔共同デザイン教育への要点をまとめることを試みる。事例となるワークショップは、日本、オランダ、イタリア、ウルグアイ、アメリカの大学が参加し、”Migration” 「国際移住」を国際共通課題とし、各地域の状況に合わせ文脈化された地域課題をテーマに「対話のきっかけとなるプロトタイプ」をデザインすることを目的に実施された。本ワークショップの構造分析からICTを活用した文化交流型遠隔共同デザイン教育の構成要素として課題、チーム、プロセス、ツールの4つが抽出された。MURALや特にビデオ会議ツールでのオンライン遠隔対話による文化・文脈交流、オンライン上での視覚化による文化・文脈交流、プロセスの記述による文化・文脈交流などを伴う共通のデザインプロセスを遠隔で実施することがより効果的な遠隔共同デザインが可能になることが示唆された。

著者関連情報
© 2020 日本デザイン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top