デザイン学研究
Online ISSN : 2186-5221
Print ISSN : 0910-8173
ISSN-L : 0910-8173
わが国におけるファッションイラストレーションの変遷
長沢 幸子
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 43 巻 5 号 p. 13-22

詳細
抄録

本論文では, わが国におけるファッションイラストレーションの変遷について考察し, 以下のことを明らかにした。(1)今まで別々に論じられていた「抒情画」と「(狭義の)ファッションイラストレーション」の二つの流れを「(広義の)ファッションイラストレーション」の中に系統づけまとめた。(2)広義のファッションイラストレーションにおいて, 上記の二つの流れの他に, 被服製作に原点を見い出すことのできる菅沼金六から須貝一男・青木伊津子らへと連なる「基準線方式」による「スタイル画またはファッションデザイン画」の流れが存在することを位置づけ, 検証して重要性を指摘した。(3)上記の(1)と(2)の相互の関連を明らかにした。また全体の流れを三つに整理することを提案し, 相互関係について系統図を作成し, 提示した。その結果, 三つの流れはそれぞれに重要であり, 互いに関連を持ちながらわが国における「(広義の)ファッションイラストレーション」の世界を発展させることに寄与していることを明らかにした。

著者関連情報
© 1997 日本デザイン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top