デザイン学研究
Online ISSN : 2186-5221
Print ISSN : 0910-8173
ブラック・マウンテン・カレッジにおけるバウハウスの影響とその発展 : ヨーゼフ・アルバースの造形思考を中心にして
天貝 義教
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 44 巻 4 号 p. 39-48

詳細
抄録

ブラック・マウンテン・カレッジは1933年から57年までアメリカ合衆国ノースカロライナ州に開設されていたリベラル・アーツの実験的大学である。その開校の年ベルリンにおいてバウハウスはナチズムの圧力のもとで閉校し, アルバースはニューヨーク近代美術館のP.ジョンソンの仲介によりブラック・マウンテン・カレッジに招聘されることとなった。アルバースは1949年までこの地に留まり, バウハウスの教育法とその理念を移植し, 自らの造形思考を発展させていった。その間アルバースは合衆国において抽象芸術家としての地位を固めるとともに最も影響力のある芸術教師となり, その学生にはR.ラウシェンバーグ.K.ノーランドらが含まれていた。アルバースとその学生たちの活動によってブラック・マウンテン・カレッジは40年代から50年代初頭にかけてモダン・アートとデザインの中心となったのである。本稿の目的はアルバースの造形思考を辿りながら, ブラック・マウンテン・カレッジにおけるバウハウスの影響とその発展を考察することにある。

著者関連情報
© 1997 日本デザイン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top