デザイン学研究
Online ISSN : 2186-5221
Print ISSN : 0910-8173
伝統的住居「宅溝」の非日常生活にみられる空間特質
―中国上海市崇明島の伝統的住居における「住まい方」(2)
戴 薪辰植田 憲
著者情報
ジャーナル フリー

64 巻 (2017) 4 号 p. 4_19-4_28

詳細
PDFをダウンロード (1837K) 発行機関連絡先
抄録

 今日,中国においては飛躍的な経済発展が実現したが,その一方で,伝統的生活文化が急速に消失しつつある。それは,単に物理的な側面のみならず,社会・生活の構造そのものの崩壊と言っても過言ではない。本研究は,中国上海市近郊の崇明島において形成されてきた伝統的住居「宅溝」の住まい方に着目し,それらを地域資源として再発見・再認識することを目指した調査・研究の第2報である。本稿では,非日常生活における空間特質を明確にすることを目的とした。調査・考察の結果,以下の各点が明らかとなった。(1)宅溝は人・神・霊が共住する空間と認識され,新年・羹飯の年中行事を利用してその存在を維持・更新が図られてきた。(2)公堂の空間は宅溝のなかで最も重要な空間であった。(3)結婚式では住居の複数の内と外の境が利用されるとともに強調された。(4)葬式では公堂に死者の身と霊に休息を与え,来世への準備を整える空間となった。(5)非日常生活において宅溝は儀式空間へと転換され,日常生活における空間特質とともに多義的な特質が構築された。

著者関連情報
© 2017 日本デザイン学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top