デザイン学研究
Online ISSN : 2186-5221
Print ISSN : 0910-8173
建築の設計課題における学生のスケッチの描画と記述からみた学習成果に関する考察
―初期段階の設計課題を通して―
秋田 美穂恒川 和久
著者情報
ジャーナル フリー

64 巻 (2017) 4 号 p. 4_59-4_68

詳細
PDFをダウンロード (2211K) 発行機関連絡先
抄録

 本研究は、建築の設計教育を受講する学生を対象に、学生が課題提出のために描いたスケッチの描画や記述に注目することで、設計の際に意識している対象を知り、学習成果を得ている事例を把握することを目的とする。
 建築系大学において、多くの大学で初期段階に実施されている立体を構成する課題や住宅を設計する課題提出のために描かれたスケッチの描画や記述の数と成績の関係を探った。また、描画や記述を時系列で具体的にみることで、設計の際に意識しているものを調査した。
 調査より、学習成果としてスケッチの描画の状態でも幅や奥行きそして高さなどの寸法を表記することや、スケッチの描画に人を表記している傾向がみられた。また、3次元に着想し、立体を構成する導入段階での課題から敷地を設定することで、設計の際に有用な方法とされている敷地や敷地周辺も視野にいれて設計を進めていく事例も把握した。

著者関連情報
© 2017 日本デザイン学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top