デザイン学研究
Online ISSN : 2186-5221
Print ISSN : 0910-8173
ユニバーサルデザインフォントの評価に関する研究 -1
―ユニバーサルデザインフォントの美感性に関する調査
楊 寧須長 正治藤 紀里子伊原 久裕
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 65 巻 1 号 p. 1_51-1_60

詳細
抄録

 本研究は,「ユニバーサルデザインフォント(以下「UD フォント」と表記)」として開発されたフォントの評価を中心に総合的に検証し,合わせてフォントの形態的属性についても調査を行い,これらの相関性を分析考察することで,望ましいUDフォントのデザインに関する指針を得ることを目的とした。
 UDフォントの評価は,従来の視認性,判別性,可読性の3つの評価項目に、積極的な評価項目とされていなかった美感性を加え、計4つの項目で行った。若年者,デザイン関連業務経験者,高齢者の合計90名を被験者とした。また,角ゴシック体,丸ゴシック体,明朝体から,合計60フォントを実験用フォントとして選定した。
 本稿では,実験のうち,美感性を取り上げて分析を行い,合わせて計測したフォントの形態属性との間の相関性を探った。その結果,濃度,字面面積,英数字の形態が,いずれのカテゴリーにおいても,見出しと本文フォントともに,美感性評価に強く影響していることがわかった。

著者関連情報
© 2018 日本デザイン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top