デザイン学研究
Online ISSN : 2186-5221
Print ISSN : 0910-8173
広域災害における避難誘導サインユニットの製作
永山 雅大原田 一永山 広樹
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 65 巻 1 号 p. 1_9-1_18

詳細
抄録

 本研究では、我々の先行研究から得られた広域災害における避難誘導サインに対する条件およびデザイン要件を基に、避難誘導サインユニットを製作、検証実験から改良を行い、より実用に近づけることを目的とした。
 道路鋲を参考にサインユニットを製作、視認性の検証実験および避難誘導サインの設置位置について検証実験を行った。実験結果から得られた改良条件を基に改良型サインユニットを製作、避難経路を想定した実験経路を用いて検証実験を実施した。検証結果から、避難誘導サインユニットは、LED 光源を用い避難誘導情報を発光で表すことにより視認性が高まることが認められ、連続した設置により避難経路の明確化が図れた。
 本研究で提案した避難誘導サインユニットは、従来の避難サイン等と相互補完がなされる組合せ方により、避難行動の情報を有効的に避難者へ伝えることができ、迅速な避難が期待できると思われる。

著者関連情報
© 2018 日本デザイン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top