デザイン学研究
Online ISSN : 2186-5221
Print ISSN : 0910-8173
ISSN-L : 0910-8173
地域コミュニティにおける象徴的造形の生成過程についての研究
―ご当地キャラクターを事例とした生成過程の調査と分析
宮原 佑貴子櫛 勝彦鳥宮 尚道
著者情報
ジャーナル フリー

2021 年 67 巻 4 号 p. 4_69-4_78

詳細
抄録

 全国には、自治体や団体などの地域コミュニティのために生成されたキャラクターが多数存在する。これらは「ご当地キャラクター」と呼ばれ、地域を象徴するコンテンツとなっている。ご当地キャラクターの人気が高まった2010 年前後には各地で活発に生成されたが、その状況が落ち着いた現在では、地域における継続的な活用が課題となっている。
 本研究は、地域コミュニティにおいて有効に活用される象徴的造形の生成過程を明らかにするべく、ご当地キャラクターの事例から考察をおこなうものである。ご当地キャラクターの運営団体を対象としたアンケート調査の結果からご当地キャラクターの生成過程を類型化し、「生成目的に対する効果」と「生成過程」の関連について分析をおこなった。

著者関連情報
© 2021 日本デザイン学会
前の記事 次の記事
feedback
Top