日本科学教育学会研究会研究報告
Online ISSN : 1882-4684
発表
宇都宮大学におけるJST グローバルサイエンスキャンパス の取り組み
—カリキュラムの評価に関する基礎的検討—
大庭 亨出口 明子松田 勝山田 洋一
著者情報
研究報告書・技術報告書 フリー

2017 年 32 巻 5 号 p. 101-104

詳細
抄録

本研究では,宇都宮大学で運営しているJST グローバルサイエンスキャンパス事業<iP-U> の 2016 年度カリキュラムとその評価結果を報告する。次代を担う科学人材に必要な5 つの基盤的能力を設定していることがカリキュラムの特徴である。評価の結果,本カリキュラムは受講者らの5 つの基盤的能力に関する自己評価を高めるものであることが示された。またカリキュラム修了時に全受講者から約1 割が選抜される才能育成プラン選抜者の自己評価及び基盤的能力到達レベルは,選抜者以外の受講者よりも高い傾向にあることが示唆された。

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本科学教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top