サルコイドーシス/肉芽腫性疾患
Online ISSN : 1884-6122
Print ISSN : 1345-0565
発熱と関節痛で急性発症した家族発生サルコイドーシスの1例
駒瀬 裕子山口 裕礼池原 瑞樹山本 崇人森田 あかね
著者情報
ジャーナル フリー

28 巻 (2008) 1 号 p. 49-54

詳細
PDFをダウンロード (1968K) 発行機関連絡先
抄録

22歳男性, 母の妹と母のいとこにサルコイドーシスの家族歴がある. 発熱, 関節痛を主訴に近医を受診, 胸部X線写真上, 縦隔および肺門リンパ節腫大を認め, 当院に紹介された. CTでは肺異常陰影を認めなかった. 気管支肺胞洗浄では, 総細胞数, リンパ球分画の増加と, CD4/8比の増加を認め, 気管支鏡下肺生検にて壊死を伴わない類上皮細胞肉芽腫を認め, サルコイドーシスに矛盾しない所見と診断された. 特殊染色ではリンパ球のモノクローナリティは認められなかった. 解熱剤の処方のみで症状は次第に消失, 1年後の胸部X線写真では肺門リンパ節腫大も改善した. 本人と母の妹のHLAを検討したところ, A31が共通のローカスであった.

著者関連情報
© 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会
前の記事 次の記事
feedback
Top