J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

表面科学
Vol. 38 (2017) No. 4 p. 194-196

記事言語:

http://doi.org/10.1380/jsssj.38.194

伝統産業と表面科学

2016年に創業400年を迎えた伝統産業有田焼は,創業当初から今日まで技術革新を繰り返しながら,世界からのさまざまな要請に応えてきた。新たな技術や発想を少しずつ取りいれながら新しいものづくりを行うことが伝統になり,途切れることなく今日に至っているのである。現在も有田焼は,創業400年を機にいくつもの技術革新を行い大きな変革を開始している。本誌では最新の有田焼の技術を紹介し,これから目指す道について述べる。

記事ツール

この記事を共有