J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

表面科学
Vol. 38 (2017) No. 5 p. 244-246

記事言語:

http://doi.org/10.1380/jsssj.38.244

伝統産業と表面科学

「漆器」は,日本を代表する工芸品だが,バブル崩壊後の漆器業界は,国民の生活様式の変化や消費者ニーズに適応した商品開発の遅れなどにより生産額,企業数,従業員数いずれも減少が続いている。そこで本稿では,現代の生活様式に対し,扱いやすい「漆器」を実現するために素地に着目し,従来の伝統的漆器に用いられていた「漆」と「木」という天然の原料のみを用いながら,漆器素地を製造できる成形材料開発を行ったので紹介を行う。

記事ツール

この記事を共有