コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
複数の人間と協調する演奏システム
堀内 靖雄藤井 敦田中 穂積
著者情報
ジャーナル フリー

1995 年 12 巻 5 号 p. 5_465-5_473

詳細
抄録

本論文では「複数の人間と協調する演奏システム」について述べる.計算機が複数の人間と協調して自然なアンサンブル演奏を行なうためには,すべての演奏者の演奏を考慮してシステム自身のテンポを制御する必要がある.しかしメンバー全員の演奏をすべて等しく考慮するよりは,システムはアンサンブルで重要な演奏者ほど,良く合わせる方が良い.そこで本論文ではまず,アンサンブルにおける各演奏者の重要さを表わす尺度として「独立度」の考えを提案し,その意味付けと設定方法について述べる.次に独立度に応じてシステムの演奏を制御する手法として「アンサンブル時間」の考えを提案する.実際の演奏において,システムはアンサンブルをリードしている演奏者(独立度の高い演奏者)ほど良くテンポを合わせ,またシステムがアンサンブルの中心となるような(システムの独立度が高い)状況では自主的で表情豊かな演奏を行なうことができる.実験的なシステムにより,独立度の変化に応じて人間の演奏者に対する追従法の変化が確認された.

著者関連情報
© 1995, 日本ソフトウェア科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top