J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

コンピュータ ソフトウェア
Vol. 20 (2003) No. 5 P 502-508

記事言語:

http://doi.org/10.11309/jssst.20.502

  • 抄録

一階述語論理の節形式をPrologプログラムに変換し,Prologコンパイラ処理系を用いて定理証明を行うシステムとしてPTTP (Prolog Technology Theorem Prover)が知られている.本論文では,節形式を線形論理型言語LLPのプログラムに変換し,LLPコンパイラ処理系を用いることで,より効率的な証明探索が可能になることを示す.特に,証明中のリテラルをリソースとして追加することにより,ME (model elimination)処理を高速化している点に特徴がある.

Copyright © 日本ソフトウェア科学会 2003

記事ツール

この記事を共有