コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
ヒューマノイドロボットのシステム実現―ロボットシステム記述言語EusLispによる実装―
稲葉 雅幸岡田 慧水内 郁夫稲邑 哲也
著者情報
ジャーナル フリー

23 巻 (2006) 2 号 p. 2_45-2_61

詳細
PDFをダウンロード (1394K) 発行機関連絡先
抄録

ロボットは身体ハードウェアが決まればその身体にとっての認識と行動のソフトウェアをプログラミングする対象である.近年のロボットは人間のような姿形に近づいたヒューマノイドロボットの研究が進んでいる.本稿では,幾何モデルを搭載したオブジェクト指向言語Euslispにより,人間型のロボットを対象に小型から等身大,筋駆動型ヒューマノイドのロボットプログラミング環境を実装している研究をとりあげ,身体ハードウェアが進化してもソフトウェアの継承を行いながら発展させてきている環境を紹介する.

著者関連情報
© 日本ソフトウェア科学会 2006
前の記事 次の記事

オルトメトリクス
閲覧履歴
feedback
Top