コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
歴史をシミュレーションする—中国における科挙・家族・文化資本の関係
倉橋 節也
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 25 巻 4 号 p. 4_252-4_260

詳細
抄録

本研究では,中国の家系記録「族譜」をもとに,科挙合格者を多く輩出したひとつの家系を約500年に渡ってエージェント技術を用いて分析を行った.家系ネットワークと個人のプロファイルデータをそれぞれ隣接行列と属性行列として表現し,実プロファイルデータを目的関数とする,マルチエージェントモデルによる逆シミュレーションを実施した.その結果,家庭内において子供への文化資本の伝達には,祖父と母が大きな影響を持つことがわかり,家族が維持する規範システムの一部を発見できた.本モデルによって,逆シミュレーション手法を用いたエージェントベースモデルが歴史学や人類学の分野において,新たな知識の発見に貢献できることを示した.

著者関連情報
© 日本ソフトウェア科学会 2008
前の記事 次の記事
feedback
Top