J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

コンピュータ ソフトウェア
Vol. 26 (2009) No. 3 P 3_5-3_19

記事言語:

http://doi.org/10.11309/jssst.26.3_5

  • 抄録

将来の数万プロセッサ規模のシステムでは,全ノードを高バンド幅で全対全接続するネットワークはコストや電力消費の問題で構築が難しい.我々は上流低バンド幅EPSネットワークと単一OCSネットワークを組み合わせた安価なハイブリッドインターコネクトを提案する.さらに,その環境での,光回線をEPSネットワーク上流リンクのショートカットとして利用するフォワーディング方式によるMPIアプリケーション用メッセージ通信を提案する.シミュレーションによる評価の結果,局所性のある通信パターンではノード数に対し少数の光回線を用いるだけでフルバイセクションバンド幅EPSネットワークより高速に実行でき,局所性のない全対全通信パターンでは上流リンクバンド幅を提案ネットワークのそれの2倍にしたEPSネットワークと同程度の性能を達成できることを確認した.

Copyright © 日本ソフトウェア科学会 2009

記事ツール

この記事を共有