J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

コンピュータ ソフトウェア
Vol. 27 (2010) No. 2 P 2_142-2_168

記事言語:

http://doi.org/10.11309/jssst.27.2_142

  • 抄録

本論文では,ML系高階関数型言語とC言語とのシームレスな連携を実現する外部関数インターフェースを提案する.このインターフェースによって,プログラマは整数や浮動小数点データなどの基本データ型はもちろん,それらを含む構造体や関数へのポインタなどを引数とする種々の型のCの関数を,特別なデータ変換処理などを書くことなく,MLプログラムに直接インポートし,利用することができる.この機構は,整数や浮動小数点データなどの実行時の表現をCと共通な自然なものにする型主導コンパイル技術と,ML系関数型言語とCとの関数表現の違いを克服しコールバックを含む言語間の関数呼び出しを可能にする外部関数とのインターフェース技術によって実現できる.本論文では,この外部関数インターフェイスの理論と実装の詳細を報告する.本論文で報告する外部関数インターフェイスは,Standard MLの拡張言語SML#に実装され,そのソースコードを含め公開されている.

Copyright © 日本ソフトウェア科学会 2010

記事ツール

この記事を共有