J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

コンピュータ ソフトウェア
Vol. 29 (2012) No. 4 p. 4_146-4_160

記事言語:

http://doi.org/10.11309/jssst.29.4_146

  • 抄録

命題論理の充足可能性判定問題(SAT問題)を解くソルバーは,その飛躍的な性能向上に伴い,システム検証やプランニング・スケジューリング問題,制約充足・最適化問題等の様々な分野において活躍している.GlueMiniSat 2.2.5は,単位伝搬を促し矛盾の発生を促進する学習節を積極的に獲得する戦略に基づくSATソルバーである.学習節の評価尺度には,AudemardとSimonが開発したSATソルバーGlucoseで導入されたリテラルブロック距離を改良した尺度を用い,単位伝搬を促進する学習節を獲得・保持する.また良い学習節の獲得を促すため,非常に積極的なリスタート戦略を採る.我々は代表的SATソルバーであるMiniSat 2.2を基にこれらの手法を実装し,GlueMiniSat 2.2.5を開発した.GlueMiniSat 2.2.5は充足不能性の証明に強く,SAT 2011競技会のApplication部門において逐次型ソルバーとしてUNSATクラスで1位,SAT+UNSATクラスで2位を獲得している.また並列型ソルバーを含めても同部門UNSATクラスで2位を獲得している.

Copyright © 2012 日本ソフトウェア科学会

記事ツール

この記事を共有