コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
命令のランダム性に基づくプログラム難読化の評価
二村 阿美門田 暁人玉田 春昭神崎 雄一郎中村 匡秀松本 健一
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2013 年 30 巻 3 号 p. 3_18-3_24

詳細
抄録

本論文では,情報理論からのアプローチにより,プログラム解析の困難さを定量化する.基本アイデアは,各命令が全くランダムにプログラム中に出現する場合に,プログラム解析が最も困難な状態であると考える.命令がランダムに出現するとは,(1) 各命令の出現頻度が等しく,かつ,(2) その並びに規則性がない状態であると考える.前者はエントロピー,後者はコルモゴロフ複雑性の概念を用いて定量化する.ケーススタディを通して,本提案の妥当性や今後の課題を考察する.

著者関連情報
© 2013 日本ソフトウェア科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top