コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
値域分割にもとづくSPARQLクエリ分散処理方法
千代 英一郎宮田 康志横井 一仁西山 博泰
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2013 年 30 巻 3 号 p. 3_180-3_186

詳細
抄録

大規模なRDFグラフに対するSPARQLクエリ処理性能向上のため複数サーバを用いた分散処理方法が数多く提案されている.これらはデータもしくはクエリを分割し分散処理を行うものが中心であり,結合演算の多い複雑なクエリではサーバ間の通信・同期オーバヘッドによる性能低下がしばしば問題となる.本論文ではクエリ変数の値域分割にもとづくよりオーバヘッドの小さい分散処理方式およびその予備評価結果を示す.LUBMベンチマークにおける多くのクエリにおいてほぼ線形な台数効果が得られることを確認した.

著者関連情報
© 2013 日本ソフトウェア科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top