コンピュータ ソフトウェア
ハイブリッド制約言語HydLaの記号実行シミュレータHyrose
松本 翔太上田 和紀
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

30 巻 (2013) 4 号 p. 4_18-4_35

詳細
PDFをダウンロード (1448K) 発行機関連絡先
抄録

ハイブリッドシステムとは時間の経過に伴って状態が連続変化したり,状態や方程式系が離散変化したりする動的システムであり,物理学をはじめとした様々な分野への応用が可能である.HydLaはハイブリッドシステムの仕様を制約によって記述する宣言型言語であり,今回我々はHydLaの記号実行シミュレータとしてHyroseを開発した.Hyroseは公開されている唯一のHydLaの実装であり,パラメータを含むシステムのシミュレーションや,自動場合分けに基づく探索機能に加え,有界モデル検査機能を備えていることを特徴とする.本論文ではまずHyroseの基本設計や機能,実装に当たって明確化を要した事項などについて論じる.その後,記号実行の有用性を示す例として,システムの振る舞いがパラメータによって,定量的および定性的に変化する場合の解析例について論じる.

著者関連情報
© 2013 日本ソフトウェア科学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top