コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
ABMを用いた集合住宅内装工事モデルの構築
市川 学出口 弘田澤 周平志手 一哉
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 31 巻 3 号 p. 3_222-3_233

詳細
抄録

近年,日本の建設会社各社の建築技術に大差はなく,むしろ建設の管理能力スキルが着目されるようになってきている.そのために,集合住宅建設工事を効率よく行える工程計画の作成が注目されている.しかし,躯体工事と内装工事の2つに大きく分かれる集合住宅工事において,内装工事では,作業員の様々な雇用の種類,作業と作業の間には先行・後続関係が存在し,建設会社にとってより良い工程計画を作成することが難しいのが現実である.さらに,建設会社がより良いと考えた工程計画は,現実の世界で実際に建物を建設する以外に評価する方法が存在していない.そこで本研究では,集合住宅内装工事において,建設会社が作成した工程計画で工事を進めた際に,工事の進捗を表現するシミュレーションモデルをエージェントベースのアプローチで構築した.そのシミュレーション結果を示し,本研究で構築したモデルの意義と利用可能性について論じる.

著者関連情報
© 2014 日本ソフトウェア科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top