コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
統合開発環境における細粒度な操作履歴の収集および応用に関する調査
大森 隆行林 晋平丸山 勝久
著者情報
ジャーナル フリー

32 巻 (2015) 1 号 p. 1_60-1_80

詳細
PDFをダウンロード (650K) 発行機関連絡先
抄録

統合開発環境における開発者の操作履歴を扱う手法について調査を行った.主としてソフトウェア進化研究における引用を想定し,細粒度なソースコード変更の内容を扱うことができる手法を調査対象とした.本論文では,これらの手法を,基盤となる統合開発環境,操作履歴記録手法,操作履歴応用手法の3層のモデルで捉える.これらの手法の特性を整理した後,それぞれの記録手法,応用手法の概要を紹介する.

著者関連情報
© 2015 日本ソフトウェア科学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top