コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
聴覚フィードバックを利用したペダリングトレーニングシステム
奥川 遼村尾 和哉寺田 努塚本 昌彦
著者情報
ジャーナル フリー

33 巻 (2016) 1 号 p. 1_41-1_51

詳細
PDFをダウンロード (5037K) 発行機関連絡先
抄録

近年,スポーツとしての自転車利用に対する関心が高まっている.サイクルスポーツにおいて高いパフォーマンスを発揮するには,回転数が高くかつ回転速度が一定のペダリングが理想とされている.サイクルスポーツ熟練者のペダリング技術は長時間のトレーニングによって形成されるため,初心者が一定の回転速度でペダリングする技術を習得することは容易ではなく,イメージを共有しにくいため指導も困難である.そこで,本研究ではクランクが1/4回転するごとに音を発生させてペダルの回転速度を聴覚的にフィードバックするペダリングトレーニングシステムを開発した.ユーザは一定テンポのBGMにフィードバック音が合うようにペダリングすることで回転速度が一定に保たれていることを知覚できる. 4週間の実験の結果,システムを用いてトレーニングを行った被験者は,システムを用いずにトレーニングを行った被験者と比較して回転速度の分散が有意に減少した.

著者関連情報
© 2016 日本ソフトウェア科学会
前の記事 次の記事

オルトメトリクス
閲覧履歴
feedback
Top