J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

コンピュータ ソフトウェア
Vol. 34 (2017) No. 1 p. 1_119-1_124

記事言語:

http://doi.org/10.11309/jssst.34.1_119

  • 抄録

与えられた言語が非正規であることの証明技法として,ポンピング補題や右同値類の有限性 (Myhill-Nerodeの定理) などの手法が有用であることが広く知られている.本論文ではこれらの手法とは全く異なる新しい非正規性の証明技法を提案する.いくつかの例題を通じて提案手法の新規性・有用性を議論し,さらに提案手法の課題についても具体的に述べる.提案技法は言語の測度に基づくものであり,「与えられた言語Lがほとんど空(測度が0)である」という直観的な性質を非正規性の証明に用いる.

Copyright © 2017 日本ソフトウェア科学会

記事ツール

この記事を共有