コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
構造帰納法に基づくアルゴリズムの発見
野木 兼六
著者情報
ジャーナル フリー

1990 年 7 巻 4 号 p. 4_355-4_375

詳細
抄録

本論文では,構造帰納法に基づくアルゴリズムの系統的な発見法を提案する.そのために,まず,公理的集合論に基づく仕様記述言語を設定する.この言語で記述された集合論仕様から再帰的プログラムを導出するために,集合で表現されたデータに再帰的構造を導入し,これに対応する再帰的プログラムのパターンと構造帰納法のパターンを与える.このパターンに沿って集合論仕様を展開していく過程で,ある程度機械的にアルゴリズムが抽出され,結果として,具体的な再帰的プログラムと構造帰納法による正当性の証明が同時に得られる.

著者関連情報
© 1990, 日本ソフトウェア科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top