産業教育学研究
Online ISSN : 2433-197X
Print ISSN : 1340-5926
「総合的ものづくり人材」育成コースの内容について(A会場午前,II.自由研究,日本産業教育学会第48回大会報告)
新井 吾朗
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 38 巻 1 号 p. 16-17

詳細
抄録

現在ものづくり産業界では、ものづくり職場の中に経営的な発想をベースにして、経営に対して意見の言える人材、すなわち総合的ものづくり人材が求められている。職業能力開発総合大学校では、これまで、総合的ものづくり人材の人間像の分析に基づくモデルカリキュラムを作成し、企業向けにその一部を育成する短期コースを実践してきた。その結果、企業の総合的ものづくり人材への期待は大きく、育成が求められている能力は、企業経営の中核を担うことのできる能力であった。本報告は、短期コースを計画するにあたり企業と打ち合わせを実施してきた事例を紹介することで、企業が総合的ものづくり材にどのような能力を求めているのかを示す。

著者関連情報
© 2008 日本産業教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top