脳卒中
Online ISSN : 1883-1923
Print ISSN : 0912-0726
ISSN-L : 0912-0726
原著
画像電送システムを用いた脳神経外科救急疾患のtelemedicine system
斉藤 敦志沼上 佳寛上山 浩永古野 優一西村 真実西嶌 美知春
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 29 巻 5 号 p. 624-628

詳細
抄録

背景
当院は青森県津軽地方に位置し過疎地域を多く含み, 冬季は患者搬送が困難な場合が多い. 当院では1989年から画像電送装置を用いて救急搬送トリアージを行ってきた.
方法
画像電送装置を用い, 地域中核病院より紹介を受け, 頭部CTを元に症例検討を行う. 当院の脳神経外科専門医が, 即時移送, 後日受診, 経過観察の判断をしてトリアージする.
結果
1989年より2006年まで, 計11の基幹病院より2,858例の紹介が行われた. 脳血管障害1,615例, 頭部外傷869例, 脳腫瘍97例, その他277例であった. 即時移送はくも膜下出血の84%, 脳出血の25%, 頭部外傷の22%であった. 即時移送の要因は, 脳出血例では意識状態が, 頭部外傷例では意識状態と紹介時間が有意に関連していた.
結論
当システムにより病院間の連携が強化され, 紹介患者の救急搬送が適切に行われるようになった. 電送画像の画質, 受信側のマンパワーなどに検討を要した.

著者関連情報
© 2007 日本脳卒中学会
前の記事 次の記事
feedback
Top