脳卒中
Online ISSN : 1883-1923
Print ISSN : 0912-0726
短報
回復期リハビリテーション病棟における重症脳卒中患者の転帰と臨床的特徴
西尾 大祐平野 恵健伊藤 志保倉田 睦子木川 浩志大沢 愛子前島 伸一郎
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 32 巻 1 号 p. 86-90

詳細
抄録

回復期リハビリテーション(リハ)病棟から在宅復帰が可能であった重症脳卒中患者の特徴を捉え,どのような要因が在宅復帰を可能にするかを明らかにすることを目的とした.対象は初回発症の脳卒中で日常生活が重度に障害されている患者で,運動麻痺,認知機能,日常生活活動(ADL),同居家族数を調査し,在宅復帰群と施設・転院群の2群に分けて比較した.入院時の運動麻痺やADLは両群間で差を認めなかったが,認知機能,同居家族数は両群間で差を認めた.また,入院後1週間毎のADLおよび退院時のADLは両群間で差を認めた.以上より,入院時の認知機能と同居家族を評価し,入院1週間後のADLの変化を確認した上で,家族に十分な機能予後と対応策を説明し,ゴール設定を行うことが,効率の良い医療を進めていくためにも大切である.

著者関連情報
© 2010 日本脳卒中学会
前の記事 次の記事
feedback
Top