脳卒中
Online ISSN : 1883-1923
Print ISSN : 0912-0726
ISSN-L : 0912-0726
原著
脳出血後の血圧日内変動パターンの変化についての24時間血圧計を用いた検討
中瀬 泰然亀田 知明鈴木 明文長田 乾
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 34 巻 4 号 p. 215-220

詳細
抄録

脳血管障害の発症,予後を検討する上で重要な因子となる血圧日内変動の変化を,高血圧性脳出血急性期および亜急性期の24時間血圧(24hABPM)計測により解析した.対象は発症24時間以内の急性期脳出血症例(32例:平均年齢62.0歳).入院時および3週間後の24hABPMにて血圧日内変動をdipper型(D型)とnon-dipper型(ND型)に分類した.結果,入院時血圧は血腫サイズあるいは病変部位との関連を認めなかったが,急性期血圧コントロール不良群では良好群に比べて有意に大きな血腫であった.また,ND型はD型に比べ24hABPMの1回目,2回目とも有意に大きな血腫だった.結論として,脳出血サイズが急性期の血圧コントロールに影響し,さらに亜急性期にかけてのND型に関連していることが示唆された.

著者関連情報
© 2012 日本脳卒中学会
次の記事
feedback
Top