脳卒中
Online ISSN : 1883-1923
Print ISSN : 0912-0726
ISSN-L : 0912-0726
一過性脳虚血後の脳グルコース代謝異常と脳血流の経時的変化
五味 愼太郎
著者情報
ジャーナル フリー

1986 年 8 巻 5 号 p. 417-424

詳細
抄録

Mongolian gerbil 30分間一側総頚動脈閉塞 (CCAO) の脳虚血モデルを用い, 頭頂部皮質において血行再開後早期の局所脳グルコース代謝 (LCGU) と脳血流量 (CBF) の経時的変化を比較検討した.LCGUは14C-2-deoxyglucoseを血行再開30分後に静注し, Sokoloffの式により算出した.CBFは水素クリアランス法を用い, CCAO前, CCAO後20分, 血行再開後50分に測定した.血行再開後早期のCBF・LCGUの障害の程度は虚血時のCBFの低下の程度と有意な相関関係を示したが, その時点ではCBFとLCGUとの間には一定の関係はなかった.血行再開後早期の非閉塞側CBFは, CCAO前と比べ平均18%低下し, 閉塞側CBFの低下の程度と有意な相関関係を示した.しかし, LCGUとCBFは一定の関係を示さなかった.以上より, 次のことが示唆された. (1) 血行再開後早期の脳循環代謝障害は虚血時のCBFの低下の程度により規定される. (2) 非閉塞側にみられるCBFの低下は必ずしも脳グルコース代謝障害を伴わずに出現する.

著者関連情報
© 一般社団法人 日本脳卒中学会
前の記事 次の記事
feedback
Top