脳卒中
Online ISSN : 1883-1923
Print ISSN : 0912-0726
ISSN-L : 0912-0726
脳動脈瘤再出血例に対する超早期手術の有効性
山本 昌昭神保 実井出 光信河西 徹田中 典子
著者情報
ジャーナル フリー

1987 年 9 巻 4 号 p. 371-373

詳細
抄録

臨床所見より再出血であることが確認された脳動脈瘤15例を検討した.このうち手術が行われたのは12例で (3例は状態が悪く手術されることなく死亡), これを再出血後24時間以内の超早期に手術された7例 (術前grade III 1例, IV 4例, V 2例) と, それ以後に手術された5例 (同様にIII 3例, IV 2例) とに分けて転帰を比較した.その結果, 後者ではgoodは1例に過ぎず, fair 2例, moderateとdead各1例であった.これに対し前者では, 脳内血腫を伴っていた2例がpoor, deadであった以外, 他の5例はいずれもgoodであった.このことから, 脳動脈瘤再出血例において, gradeIV以上であれば超早期手術により良好な結果が期待できると考えた.

著者関連情報
© 一般社団法人 日本脳卒中学会
前の記事
feedback
Top