動物の循環器
Online ISSN : 1883-5260
Print ISSN : 0910-6537
症例報告
部分内臓逆位,肝部後大静脈欠損および奇静脈連結を伴う静脈管開存症の犬の1例
石川 泰輔田中 綾才田 祐人曽田 藍子原田 高志星 克一郎清水 美希望月 学山根 義久
著者情報
ジャーナル フリー

40 巻 (2007) 1 号 p. 28-34

詳細
PDFをダウンロード (1069K) 発行機関連絡先
抄録

部分内臓逆位を確認した門脈後大静脈シャントを有する雄のシー・ズー犬において後大静脈の部分的な欠損を認めた。X線透視装置を用いて後肢からの還流血管を確認したところ,後肢からの還流は門脈とシャントしている後大静脈を通らずに,奇静脈へとシャントして心臓へと流入することが確認された。造影CTスキャン検査画像を詳細に解析したところ,部分内臓逆位,肝部後大静脈欠損および奇静脈連結を伴う静脈管開存症と確定診断できた。本報告ではこれらの血管奇形について,診断学的および発生学的視点から若干の考察を加えた。

著者関連情報
© 2007 日本獣医循環器学会
前の記事

閲覧履歴
前身誌

家畜の心電図

feedback
Top