動物の循環器
Online ISSN : 1883-5260
Print ISSN : 0910-6537
原著
三尖弁逆流を伴う僧帽弁閉鎖不全症の犬の血清Big Endothelin-1濃度による肺高血圧症検出の試み
華園 究福本 真也小川 雄基吉田 智彦吉田 慧岩野 英知宮庄 拓打出 毅
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 49 巻 1 号 p. 1-9

詳細
抄録

三尖弁逆流を認める僧帽弁疾患の犬の血清big endothelin-1 (big ET-1)濃度を測定し,肺高血圧症のバイオマーカーとしての有用性を検討した。big ET-1はELISA法を用いて,13頭の三尖弁逆流を有す僧帽弁疾患の犬を対象に測定された。推定収縮期肺動脈圧(SPAP),右室長軸径(RVL),右室短軸径(RVS),右房長軸径(RAL),右房短軸径(RAS)および三尖弁拡張早期波血流速度/三尖弁輪拡張早期速度比(TVE/E′)は血清big ET-1濃度が16 pg/ml未満の群と比較して16 pg/ml以上の群で有意に高値を認めた。さらにbig ET-1はSPAP, RAL, RAS, RVL,およびRVSに有意な正の相関が認められた。結論としてbig ET-1は肺高血圧症を有する僧帽弁疾患の犬で上昇することが示され,肺高血圧症の臨床的重症度の指標となる可能性を有していると考えられた。

著者関連情報
© 2016 日本獣医循環器学会
次の記事
feedback
Top