日本血管外科学会雑誌
Online ISSN : 1881-767X
Print ISSN : 0918-6778
症例
孤立性腹部内臓動脈解離の4例
矢鋪 憲功斉藤 裕髙田 宗尚
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 22 巻 7 号 p. 1001-1004

詳細
抄録

要  旨:孤立性腹部内臓動脈解離は比較的稀な疾患である.造影CTを撮影しなければ診断困難なために,軽症の場合は見逃されることも多い.また閉塞性動脈硬化症や塞栓症と診断困難な場合もある.保存的加療としては降圧や抗凝固療法を行い,症例によって手術や血管内治療による血行再建を行うが,いずれも明確な治療指針はない.今回当施設で4例の腹部内臓動脈解離を経験した.3例は保存的治療を,1例はバイパス手術を行い軽快した.症例ごとに的確な治療方法や術式の選択が重要である.

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top