日本血管外科学会雑誌
Online ISSN : 1881-767X
Print ISSN : 0918-6778
症例
冠動脈ステントと大伏在静脈で作成したVein-covered stentを用いた右大腿動脈人工血管吻合部仮性瘤に対する血管内治療の1例
室町 幸生伊藤 茂樹橋本 雅史雨宮 正波多野 靖幸荻野 均
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 27 巻 6 号 p. 481-484

詳細
抄録

症例は74歳,男性.1年前に右下肢閉塞性動脈硬化症に対し,人工血管を用いて右大腿動脈–膝窩動脈バイパス術を施行.半年後にバイパスグラフトの閉塞を来たし,その数日後にグラフト中枢側吻合部に仮性動脈瘤を形成したため,血栓除去と仮性動脈瘤の修復術を施行.その後外来にて経過観察中,同部に仮性動脈瘤の再発を認めた.徐々に瘤の拡大を認め手術適応と判断.しかしながら,患者および家族が手術は希望せず,過去3回の手術で重度の癒着が予想され,仮性動脈瘤も巨大で直達手術は困難と思われたため,Vein-covered stentによる血管内治療を選択した.術後経過は良好で,仮性動脈瘤は縮小した.冠動脈ステントと大伏在静脈によるVein-covered stentを用いた血管内治療の報告は極めて稀であり,有用な一手段と考え報告する.

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top